布団を蘇らせる打ち直し

布団は長年使い続けているとだんだんと厚みがなくなり固く、重くなっていきます。

寝ている間に人は汗をたくさんかいますので、その汗を吸い続けている布団は使い続けている間に吸水性も落ちていきます。日中晴れた日に外に天日干しをすれば湿気を飛ばすことが出来ますが、それでも経年により除々に布団の中の綿は固くなっていきます。長年使い続けていると、物にも思い入れが生まれるものです。

思い出のある物はすぐに捨てるのではなく、きちんとメンテナンスをしていればまだ使うことが出来る可能性があります。打ち直しに適しているのは綿100%の製品です。昔の製品ほど綿素材で仕上げられていたものですが、最近の製品は化学繊維が使用さえていることが多く、化学繊維が多く使用されている製品は打ち直しには向きません。まず、打ち直しに出す前に中身が綿なのか、化学繊維なのか確認しておくと良いでしょう。

打ち直しは綿を洗い、固くなった綿をふわふわにしますので、これまで汗を吸って重くなっていた布団を軽くします。吸水性も戻ってきますので、寝ている間の汗もまた吸ってくれるようになります。また、気になるダニですが、綿を洗うことによって綺麗に洗浄されますので毎晩気持ち良く眠ることが出来るでしょう。また、場合によっては綿を増やして厚みを増したり、快適な寝具に整えるリクエストを承ってくれる業者もありますので、発注をする際にどのような仕上がりにして欲しいか要望を伝えるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *