布団の打ち直しをして長持ちさせよう

布団も長く使っていると硬く潰れたような状態になってしまいますが、打ち直しをすることで購入したてのような状態にすることもできます。

毎日眠る時に使いますので、汗や汚れ、空気中の埃などいろんな物でいつの間にか一杯になってしまっています。ボリュームが減ってしまっている布団も、打ち直しという解体作業をしていくと、中の綿もほぐしながら綺麗にしていくので、洗濯だけでは落としきれない汚れや、ダニなどのアレルゲンなども除去する事ができます。綺麗な綿になれば、新しい生地で包んでしまえば、ふんわりとした手触りになるので、気持ちよく快適な睡眠をとる事ができます。

大まかな流れとしては、布団の打ち直しのために現物を預かったらまずは状態を確認します。解体をして綺麗に洗浄をして、必要に応じて綿を足したりするなどをしてくれます。それから、側生地で包んで仕上げながら、最後の調整をして検品が済んでから手元に戻ってきます。購入してから次の物に買い換えるまで、10年程度ぐらいは使い続ける家庭が多いです。

お日様に干したり、乾燥機に当てることはあったとしても、洗濯やクリーニングに出したりすることはそれほどないため、想像している以上に内部は汚れたりもしています。新品を購入するのは高いし、少しでも長く使いたいと思うのであれば、布団の打ち直しを検討してみましょう。綺麗になって帰ってくれば、より愛着も湧いて大事に使っていけるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *