低反発と高反発マットレスの比較

マットレスには大きく分けて低反発と高反発があります。

それぞれ特徴はあるのですが、細かく何が違うと聞かれると説明できなかったりします。ここではこの2種類の違いを比較しながら、それぞれの特徴を説明していきます。まず初めに低反発マットレスの特徴は、マットが沈み体全体を包み込むように支えてくれます。体の形に合わせてマットが沈むので腰が浮いてしまったりする心配はありません。その反面、沈み込んでしまうために寝返りを打ちにくかったり、通気性が悪く夏などには蒸れやすかったりするというデメリットもあります。

次に高反発マットレスの特徴は弾力があり、寝返りをスムーズに打つことができることです。人は同じ姿勢で寝ていると蒸れてきたり、圧迫されるなどの負担を軽減するために寝返りを打ちます。そのため寝返りが打ちやすいことは快適な睡眠に不可欠な要素とも言えます。また体圧の分散にも優れており、体全体に力が均等にかかるようになるので、快適に寝ることができます。

しかしこちらの場合、通気性がいいというメリットはあるのですが、冬は保温性がなく寒いというデメリットもあります。また低反発に比べ商品のバリエーションが少なかったり、値段が比較的高くなってしまう場合もあります。このように比較するとそれぞれメリットデメリットが存在します。しかしこれは人それぞれで感じ方は変わってくる部分でもあります。それぞれの特徴を理解して、自分に合う一枚を見つけてみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *