浦安, 葬儀, 葬儀・葬式

自然葬の種類と注意すること

自然葬とは、墓に遺骨を埋葬せずに、山や海などの自然の多い場所に散骨する方法であり、自然に帰りたいと考えているときに使用されます。墓の埋葬の場合には自分が亡くなった後に墓を継承してくれる人がいないこともありますが、自然葬なら継承者がいなくても行えます。また、継承者がいても墓に入りたくなかったり、墓のある場所が遠くて管理が難しい時にも便利です。海に散骨する時には、個人で行うこともできますが、他の家族と一緒に船に乗って散骨することで、費用が少なくなります。

忙しかったり、船に乗るのが苦手な場合にはスタッフに代行を頼むことも可能です。山での自然葬の場合は、船に乗る必要が無いので、船酔いせずに済み、散骨した周辺の景色を思い出として心に残し続けられます。海で散骨をするには、人骨と判断できないように遺骨を粉末にする必要があり、粉砕が大変な時には業者に依頼したほうが費用はかかりますが、安心です。また散骨時には観光客などに配慮するために私服を着たり、場所によって必要な書類が違うので確認します。

他にも漁業権がある場所に散骨すると漁業権を持っている人とトラブルになることもあるので注意します。山の散骨は自分で所有している山なら問題ありませんが、他人が所有しているときには許可をもらわないと散骨が行えません。自分の所有している場所でも近くに水源がある場合には、その水源を使っている人もいるため、水源から離れた場所を使います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です