市川, 葬儀, 葬儀・葬式

新しい埋葬方法・自然葬

人間は死亡した後、葬儀を得て火葬されたのちに墓石の下に埋葬されるというのが日本で行われている一般的な埋葬方法となっています。それ以外の方法が実施されることはほとんどなく、実際にほかの方法で埋葬しようとすると法律などに引っかかってしまうこともあるため実施されるということは非常に少なくなっています。そんな中、最近注目を集めている埋葬方法として自然葬というものがあり、インターネットを中心として話が広がってきています。この自然葬とは名前の通り、墓石に埋葬するのではなく自然の中に遺灰を還すという埋葬方法になっており、墓標として人工物を使用しない方法を指しています。

内容としては散骨・海洋葬・樹木葬があり、いずれも自然の中に遺灰を埋葬することになります。自然葬が何故注目を集めているのかと言うと、最近の日本は以前のように複数の世帯が家族として生活するスタイルではなく、核家族化してきており、それによって墓などを購入していてもそれを管理・維持することが難しくなってきているという社会背景が要因であると言われています。つまり自然葬のメリットは管理や維持をする必要がないというところであり、自分たちの歯かなどを購入する手間やコストを掛けなくてもいいというところにあります。このような点から自然葬を望む人たちが増えている傾向となっているようで、一般的に認められるようにと言うことで団体などの活動も活発になってきているようです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です