市川, 葬儀, 葬儀・葬式

自然葬をすることで魂と一緒にいられる

宗教に入ることは本人の自由ですから、入っている人もいれば、入らない人もいます。人が亡くなったときに、葬式を行ってからお墓を作って焼骨をした後に埋葬して供養してもらう人が多いですが、宗教的な意味でお寺に埋葬し、永代供養を行うことが、まるで現代の日本では当たり前になっています。しかし、お墓自体が決して安いものではなく、毎年数回お参りをすることだけでも大変ですし、法事などでお経をあげてもらうことも費用がかかります。そして、だんだんお参りの回数が減り、気づけば放置していた、というような人もたくさんいます。

また、仏壇についても同じで、狭い部屋に置けないことや、子どもが怖がるなどの事情で、用意できない人や、必要ないという人もいます。それから、少子化のために、たった1人の子どもに、自分のお墓を高額で買わせたり、そのお墓をずっと守ってもらうことを嫌がる親も増えていて、お墓や仏壇離れが増加しています。それなら、自然葬を行って、ずっとその人と一緒にいたいと考える人も出てきます。自然葬とは、遺族が火葬のあとに焼骨をさらに細かくし、自然や庭、思い出の場所などに散骨することを呼びます。

そのとき、骨の一部をペンダントのトップに入れ、ストラップやネックレスにして、肌身離さず身につけるということも可能です。お墓参りにわざわざ行かなくても、いつも故人を偲ぶことができるのです。死は誰にでも訪れるものですから、生きている間に、親子で自然葬について話し合うのも1つの方法です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です