浦安, 葬儀, 葬儀・葬式

自然葬が注目されてきています

いま、葬送の手法として、自然葬が各方面から注目されてきています。一般的に、現在の日本社会では、石碑を建てたお墓に骨を埋葬する形が標準となっています。自然葬といいうのは、大自然のサイクルの中に戻そうという葬送のやり方なのです。具体的には、さまざまな形があります。

」海や山に遺骨を粉状にしてまくという散骨、墓地として認められた墓域に還す樹木葬、さらに、風葬や水葬など、古来、日本人が自然と行ってきた葬送の方法でもあります。古代日本では、遺体や遺灰は海や山に還すのがごく普通の葬送の手法でした。亡くなった人の遺灰を山や川にまくのは、過去の日本においては極めて常識的な光景でありました。ようやく、江戸時代の中期以降になってから、一般庶民も墓を作るようになったのに過ぎないのです。

現代においては、お墓を継承する子孫がいない事例も多く、自然葬への関心が強まっています。また、従来の方式を引き続き行うなら、墓地や霊園を一層造成していかなければなりませんが、自然破壊につながることは必至です。自然にも優しいやり方であるとして、自然葬が注目を集めているのです。現在では、葬儀業界も、自然葬に取り組むようになってきました。

これは、日本人が本来持ってきた自然との一体感に基づいているものです。自分がなくなった後は、自然に還っていくという死生観が根強いからです。ことに、多額の費用がかかる形式的な習俗への批判が高まり、そういった観点からも関心を呼びつつあるのが現実です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です